ざっくりわかる!「プログラミング的思考とは」

プログラミング的思考

〇プログラミング学習で身につく4つの能力

いよいよ「読み・書き・プログラミング」の時代へ!

2020年からは小学校でもプログラミング教育が導入され、順次、中学校、高校、そして大学受験の必修科目へとなっていきます。

プログラミングで身につく能力というと、代表的なものが4つ挙げられます。

1.論理的な思考力
2.問題解決能力
3.自発的な学習能力
4.自己実現能力
 

プログラムを作成するにあたり、どういったコマンド(命令)を入力することで処理内容がどう変化するのかを考えながらプログラムを組み立てる必要があります。

プログラムをうまく動かすためにいろいろと吟味する過程で、社会生活でも応用可能な「論理的思考」を養うことができます。

プログラミングではバグ(プログラムの誤り)はつきものです。

このバグをいかにして排除し、正しい動作をするように「問題解決へと導く」のかは、子供にとっては貴重な経験になります。

試行錯誤のあとに成功へと向かうプロセスが大きな経験となり成功へと向かうのです。

毎日の生活の中からアイデアを引き出し、独自性のあるゲームまたは実用プログラムを作ることが可能です。こうしたプログラミングで完成したプロジェクトは「創造力の結晶」ともいえるでしょう。

これはマニュアルで学ぶのではなく、アイデアを形する過程で「自発的な学習」と「自己実現」の可能性を追求しつつ経験を積めば積むほど伸びていく「思考力」の礎になります。

○プログラミング的思考とは

「論理的な思考力=プログラミング的思考力」

近頃、目や耳にする機会が増えた「プログラミング的思考」とは、

目の前にある“問題”をコンピューターやプログラミングの概念に基づき“解決”を目指す思考方法です。

すなわち”問題解決するための思考法”です。

プログラムを組むときには、対象となる処理を細かく分解してから実行するのが一般的です。

また処理を実行する際にも「順次処理」「繰り返し」「条件分岐」を用いて、効率性を上げています。

このコンピューターやプログラミングが問題を処理する方法は、実社会にも役立てることが可能です。

複雑な問題も細かく小さな単位まで「分解」すれば、シンプルになり、解きやすくなります。

さらに「分解」するだけでなく適切な部分にフォーカスをあてると、解決までのスピードを上げることができます。

このように人間が目の前にある様々な問題を処理するときに、コンピューターやプログラミングの考え方を基に解決する一つの方法が、最近話題の「プログラミング的思考」です。

残念ながら「プログラミング的思考力」は、簡単に身に付けられる能力ではありません。

プログラミング教育が一助となり”論理的な思考力”は身につくとされており、そのため新しい教育制度やプログラミング教室でも身に付けられるカリキュラムを用意しています。

これからの時代は

人類が抱える問題を解決するため
社会をより良く便利にするため

”プログラミング的思考”が大切と言われており、身に付けておきたい思考法です。

関連記事

  1. プログラミング教室のかしこい選び方

  2. プログラミングハンドブック

    「動画」と「ハンドブック」でしっかりわかる小学校のプログラミング教育

  3. 3分でわかる「プログラミング」のこと

  4. 「プログラミング教育」のことがよくわかるまとめ