CoderDojo「コーダー道場」

CoderDojo「コーダー道場」のご紹介

▼目次

〇スクール情報

スクール名称
CoderDojo
コーダー道場
対象
7歳〜17歳
受講方法
各地のプログラミング道場
学べる内容
 □
コードの書き方を学ぶ
 □Webサイトを構築する
 □アプリやゲームを制作する
 □気軽にテクノロジーを探求する
 □何かをつくる(作る/創る/造る)
学べるスキル
 □プログラミングスキル:
  Scratch, Hour of Code
  HTML, CSS, JavaScript
  PHP, Python, Ruby, Unity
  Arduino, Raspberry Pi など
 □プレゼンテーショスキル

〇スクール紹介

ここがいいね!

CoderDojoは7歳から17歳の子供を対象にしたプログラミング道場です。

2011年にアイルランドで始まったCoderDojoは現在、世界110か国の1900以上の道場があります。

グループの代表者はチャンピオン、生徒はニンジャ、先生はメンターという呼称があり、それをボランティアが支えている非営利組織です。

♡コーダー道場の特徴!

 
 

プログラミング道場というカテゴライズもまた組織の特徴です。

学校や塾のように、教師である大人が一から十まで教えるわけではなく、子供たちの好奇心や向上心の勢いのままに自発的に考えながら学習していく事をモットーにしています。

子供たち(ニンジャ)が協力しながら、お互い手助けする事をうながすのが大人(チャンピオン・メンター・ボランティア)の役割です。

♡ワークショップ・イベントの特徴!

 
 

CoderDojoが開催しているワークショップやイベントの特徴は、道場ごとで学べる内容が異なるところが挙げられます。

例えば宮古道場ではScratchを主にしているものの、札幌東ではRaspberry Piを使った活動をしているように開催されている道場によってその内容も規模も違うのが特徴的です。

♡おすすめポイント!

 
 

どの道場でも子供が自発的に学べる環境がセッティングされているのがおすすめポイントとして挙げられます。

少なくとも、学校や塾でありがちなグループ分けによって生まれる子供の孤立はない模様です。

〇コース概要と費用

ほぼすべての道場でスクラッチが学べます。その他マインクラフトやWebサイト製作、micro:bit、各プログラミング言語など道場によって学べる内容が異なります。

対 象 7歳〜17歳
開催日 不定期もしくは毎月1回・2回
学習時間 2時間~3時間
授業料 無料

※最新の情報と詳しい内容は各道場のサイトをご覧ください。

〇こんな人におすすめ!

①自主的、自律的、前向きに「プログラミング」を学びたい生徒さん

▲目次にもどる

CoderDojoの公式サイトへ

 

関連記事

  1. Airblock

    Makeblock Airblock | 変幻自在のドローン・ロボット

  2. Arduino

    Arduino | イタリア生まれのマイクロ・コンピューター

  3. スマイルゼミ「プログラミング講座」

    スマイルゼミ「プログラミング講座」のご紹介

  4. ビスケットのTOP画像

    【ビスケット-viscuit-】 アニメ・ゲーム・絵本が簡単に作れるプログラミング言語

  5. ビュート レーサー

    ビュート レーサー | 低価格でいろいろできるロボット・カー

  6. Rapiro =ラピロ=

    Rapiro | 組立て+プログラミングができる二足歩行【人型】ロボット

  7. Code & Go ロボットマウス

    Code & Go ロボットマウス | 背中のボタンを押すだけの簡単プログラミング

  8. DRONE STAR

    DRONE STAR | プログラミングと映像撮影ができる超小型ドローン

  9. ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

    ヒューマンアカデミー 【こどもプログラミング教室のご紹介】